恩師訪問(第2回)
昔、お世話になった先生を訪問するコーナーです。
熊野先生の色々なお写真、いかがですか?是非とも、お便りをお寄せください。
熊野 敞造 先生

* 北高校在職
   20年(昭和36年4月〜昭和56年3月)
・ 社会科(世界史担当)
・ 分掌は主に生徒課・教務課、最後の3年間は学年主任
・ クラブはテニス部顧問
   ソフトテニスの最後の2年
    (昭和37年4月〜昭和39年3月)
   テニスになってから転勤まで
    (昭和37年4月〜昭和56年3月)

熊野先生からのメッセージ

・ 30年代を挟んでの20年、テニス一色でした。ただひたすらインターハイを目標にがんばりましたので、よい想い出を沢山いただきました。九州横断・磐梯・山陰など、その折の帰路の旅は今でも鮮明に残っています。
・ 「東夷西戎南蛮北狄」授業前の小テスト、お互いによく努力しました。最後時間の「ヒロシマ日記」購読、我慢して聞いてくれ感謝しています。
・ ここ数年は世界史の授業内容の再確認、勉強を兼ねて海外旅行に精を出しています。万里長城・パルテノン神殿・コロセウム・ピラミッド・ヴェルサイユ宮殿などなど、止められません。
・ テニスは今でも週3日前後コートに立ちます。50歳前後の女性たちが相手をしてくれますので、心身ともに若さを保持できるのではと思っています。


修学旅行で京都のバスガイドと
(昭和37年3月)

 
授業終了直後のスナップ
(30歳ごろ)

府県対抗年齢別テニス大会
=左から3人目
(平成6年11月 北九州市) 

(50歳代・40歳代・30歳代の3ミックス、ベスト8進出)

台湾テニスツアー・・・宿泊ホテルの前で
(平成11年5月)

大学の同級生と河津桜の堤を
=右端
(平成14年2月)
 
北高校時代の同僚と毎月1回のお楽しみ会
(平成14年3月)
=右から2人目